おすすめの仙台のがん治療病院の探し方

がんを宣告されると、さまざまな心配事が出てきます。仙台市にある宮城県にはそんながん治療をされる方の、がんのこと、治療方法のこと、医療費のこと、さらに今後の療養生活のことなど、さまざまながんに関する質問や悩み相談に応じてくれる、がん相談支援センターが存在しています。がん相談支援センターは、宮城県内にあるがん診療連携拠点病院を含んでいる医療施設、また病院以外の施設内に存在しています。対応するスタッフは、がんの相談員としての研修を受けている看護士や医療ソーシャルワーカーなどの専門家となっています。また栄養士や薬剤師なども相談に乗っているので、幅広い相談に対応できる体制が取られています。がん相談支援センターは、がん治療を受ける方と家族の方を支えるサポートを行っており、誰でも無料で利用することができるので安心して利用することができます。

仙台でがん治療を受けるときに知っておくと良い情報

がん治療を受けるときには、セカンドオピニオンを受けてみましょう。セカンドオピニオンとは、かかりつけの病院で満足できる治療を受けるため、公平な立場にある専門家の意見を求め受診することです。これによって、主治医からの意見を別の視点からも検討することができるので、例え同様の診断や治療方法を提示されたとしても、かかりつけの病院に対する理解や信頼度が深まることとなります。もし別の診断や治療方法を提案されたとしても、選択の幅が広がることとなるので、より納得した状態でがん治療を受けることができます。仙台はもちろん一般的に、セカンドオピニオンは健康保険の適応にならず自費診療となり、予約が必要となるため、がん治療を受ける方でセカンドオピニオンを希望する方は、主治医に相談することをおすすめします。

仙台のがん治療はがん診療連携拠点病院を活用

仙台市のある宮城県には、平成28年4月現在、がん診療連携拠点病院が7病院整備されています。がん診療連携拠点病院とは地域のがん医療の連携を行う拠点として、自らも専門的な医療を提供すると共に、他のがん治療を行っている医療機関と連携体制を築くことを主目的として整備された医療機関となっています。手術や化学療法はもちろん、放射線治療といったがん治療における、一定の条件を満たした施設として指定されています。さらにがん治療を行うだけでなく、地域のがん患者の方への情報提供や相談や質問に対応するサービスも提供しています。また仙台市のある宮城県には、東北地区唯一指定を受けている、小児がん拠点病院も存在しています。家族と小児が適したがん医療と支援サービスを受ける環境作りを目指して、厚生労働省に指定されています。