最新のがん治療が受けられる仙台の病院

地域のがん治療の連携の拠点として、自らも専門的な医療を行うことはもちろん、他のがんの診療をおこなっている医療機関との橋渡しを構築することを目的として整備されている、がん診療連携拠点病院が仙台市のある宮城県には、平成28年4月現在では7病院指定されています。仙台市だけでなく、石巻市、大崎市、みやぎ市といった各地にも存在しています。これらの7病院は、手術や化学療法さらに放射線治療といった、がん治療を行う上での一定の要件を満たしているので、がん治療を行っている方の強い味方となっています。さらにがん診療連携拠点病院は、がん治療をおこなうだけでなく、地域にいるがん医療従事者への研修、がん患者の方への情報提供と相談支援も行っているので、大いに活用することをおすすめします。

仙台の小児がん治療の拠点病院について解説

がん治療というと大人や高齢者をイメージしますが、小児でもがん治療を行っていることはあります。しかし大人のがん治療と比較すると、対応している病院が少ないなど、まだまだ小児のがん治療は整備されていないことが多いです。仙台市のある宮城県にある小児のがん治療拠点病院は、家族とがんを患っている小児が適切ながんの治療と、支援を受けることができる環境を整えることを目的として、がん対策推進基本計画に基づき、厚生労働省によって指定されている施設となっています。質が高く高度な医療と支援を提供できるように、ある一定の集約化が必要となるため、全国の7ブロックから15施設のみが支援を受けており、東北地区でも平成27年3月現在では、唯一1カ所が指定を受けた施設となっています。仙台市における、難しい小児のがん治療の心強い存在です。

仙台で受けることができる新しいがん治療

日々進化し続ける医療において、がん治療も例外ではありません。その中でもがん治療において一般的な治療は、放射線治療となっています。放射線治療とは、さまざまな種類の放射線を使用して、正常な組織を温存しながらがんの組織を根絶やしすることを目的としている、機能や形態温存に優れた特徴を持っている、3大がん治療法の1つとなっています。身体への負担が少ないため高齢者の方や、合併症があることによって手術を受けることができない方でも放射線治療なら多くの方が受けられるようになっています。身体の外から放射線の照射を行う外照射と、放射線が出される小さな線源を、病巣の付近に入れてから身体の中から照射を行う組織内照射、又は腔内照射にわかれています。どちらも医療技術の向上によって、治療精度の大幅な改善が見られています。仙台においても、ここ10年で治療成績が飛躍的に上がっています。