最近の仙台のがん治療の傾向とは

仙台でがん治療を受ける方の中でも、進行がんの治療を探している方にお話ししたいのが、副作用がほとんどなく高いQOLを保ちながら治療を行う事ができる、全身療法で免疫細胞治療といいます。この治療法は、がんの三大治療方法と言われる、手術に放射線治療と抗がん剤治療を受けつつその治療方法の限界を補える治療法として、患者さん個人それぞれの症状や考え方に寄り添いつつ、併用していく事ができる治療方法です。がんの症状に対して様々な治療法を組み合わせ、闘っていくという考え方を「がんの集学的治療」と言います。これは現代のがん治療における主流な考え方で、特に抗がん剤治療に関しては免疫機能を損なってしまうので、併用する事は望ましくないという考えの患者さんや、医師ももちろんいるのですが、併用する方法によっては有効となる場合も少なくないのも事実です。

仙台でがん治療を探す方へ免疫細胞治療について

仙台でがん治療を行いたい人に、免疫細胞治療について詳しくもう少しお話しします。免疫細胞治療というのは、体内のがん細胞を攻撃してくれる機能を持っている免疫細胞を、一旦体外へと取り出して専門の培養施設へと移し、加工や処理をする事で数を大量に増やしたりその機能を付随したりした上で、再度体内へと戻し闘わせるという副作用はほとんどない治療方法です。最先端の免疫学や分子生物学に基づいて考え出された先進的な治療で、先述の手術、抗がん剤、放射線治療の所謂三大治療との併用も可能な療法です。進行がん患者さんへの治療効果であったり、手術後の再発予防にも効果が期待できる事から、厚生労働省の定める先進医療としても適応疾患を限定するという形を取り、仙台始め各地の大学病院やがんセンターなどでも実施されているのです。

仙台でがん治療を探す人に三大療法の基盤について

人間の体内では日に数千から数万のがん細胞が毎日発生していると考えられているのですが、がん細胞が発生するとイコール発病するというわけではなく、人間の体内に備わっているがんの働きを抑制し抑え込む事のできる様々な免疫系の仕組みが、発病に至る前にがん細胞を退治してくれています。しかしこの免疫系の仕組みの防御機能をかわす能力を有したがん細胞が生まれたり、そもそも免疫系の仕組みにストレスや老化などにより弱点が生まれていたりした場合に、がん細胞の増殖力に免疫の仕組みの能力が負けてしまい、発病に至ってしまう事があるのです。免疫細胞治療は、この元々備わっていた免疫系の仕組みをより強固にする治療法であり、以前までは三大療法に次ぐ方法とされていましたが、最近はむしろこの治療法が三大療法の基盤となる事が注目されています。仙台でがん治療を探す方にも是非注目してみて頂きたい治療方法です。